広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク|広島県福山市の屋根リフォーム店【屋根工事のイマガワ】| 雨漏り修理、屋根張り替え(葺き替え)、カバー工事、棟板金、雨どい交換他、火災保険修繕対応

屋根工事のイマガワロゴ

お客様お問い合わせ専用ダイヤル

受付時間9:00〜19:00 土日祝も対応

広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク

2022.03.09 現場レポート
広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク (2)

広島県福山市のK様邸にて、外壁塗装工事のご報告の続きです!

前回の現場レポート→「広島県福山市 K様邸 外壁塗装 コーキング工事 増し打ちと打ち替えの違い」は、こちらのページです。

 

今回は外壁の下塗り、中塗り、上塗りの様子についてお伝えします。

 

【外壁塗装をしない場合のリスク】

外壁塗装をするとお住まいが綺麗になりますし、イメージチェンジができます。

そして何より、塗料でお住まいを保護する事ができます。

 

とはいえ、「ペンキを塗るだけでそんなに保護できるの?」「何かあってからでもいいのでは?」という考えもよぎるかもしれません。

外壁塗装は安い買い物ではありませんから、納得したうえで任せたいですよね。

 

そこで少し、外壁塗装をしない場合のリスクについてお話ししたいと思います。

 

もし、外壁塗装をしないで放置すると建物の劣化が進行します。

建物は紫外線や雨風などに毎日さらされており、我々が思っている以上にダメージを受けています。

劣化すると変色、ひび割れ、塗膜の剥がれ、カビや苔の繁殖、鉄部のサビなどが発生します。

そうなれば見た目が悪いだけでなく、部材がどんどん傷んでいってしまいます。

 

更に劣化が進行すると雨漏りが起こる恐れがあります。

外壁のひび割れやコーキングの劣化などで雨水が建物内部に侵入すると、木部が腐食します。

湿った木材を好むシロアリも寄ってきますし、鉄部もサビてしまいます。

耐震性は著しく低下し、健康への被害も起きてしまうでしょう。

 

劣化を長期間放置すれば塗装工事では補修しきれず、大掛かりな工事が必要になってしまいます。

外壁の張り替えやカバー工法、室内の補修工事などが必要になります。

 

人体と同じようにお住まいも問題の早期発見、早期対応が寿命を延ばす秘訣です。

何か起きてからではなく、何か起こる前に定期的に塗装メンテナンスをしましょう。

事業内容「外壁・屋根塗装」については、こちらのページです。

 

【外壁下塗り~上塗り】

外壁塗装は下地処理後、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げます。

下塗りは専用の下塗り材を使用し、中塗りと上塗りは基本的に同じ仕上げ塗料で重ね塗りをします。

 

K様邸では下塗り材に日本ペイントのパーフェクトパーフェクトサーフです。

きめが細かく、仕上げ塗料が下地に吸い込まれて色ムラができるのを防いでくれます。

広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク (1)

 

下塗り材が乾いたら仕上げ塗料を塗装していきます。

塗装工事に使う仕上げ塗料は、厳密にはペンキとは違います。

塗料もペンキも色を塗る材料ではありますが、ペンキと違って塗料には”機能”があります。

持つ機能は塗料によって様々ですが、防水性・耐候性・低汚染性・防カビ、防藻性・遮熱性などがあります。

 

仕上げ塗料には日本ペイントのラジカル塗料パーフェクトトップで塗装をしました。

ラジカル(劣化因子)の発生を抑制する事に成功した塗料で、耐候性が高く、美しさを長期間に渡り保ってくれます。

こちらは中塗りの様子です。

広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク (4)

広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク (3)

 

最後に上塗りで完成です。

2回に分けて塗装する事で、均一な厚みの塗膜にする事ができます。

広島県福山市 K様邸 外壁塗装 下塗り~上塗り 外壁塗装をしない場合のリスク (2)

 

外壁が汚れている、カビや苔が繁殖している、ひび割れが起きているなどありましたら、お気軽にご相談ください(^^)/

お問合せはコチラ

 

−N−

 

福山市の屋根リフォーム、雨漏り修理なら【屋根工事のイマガワ】