岡山県笠岡市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒天の塗装方法、雨樋塗装が必要な理由|広島県福山市の屋根リフォーム店【屋根工事のイマガワ】| 雨漏り修理、屋根張り替え(葺き替え)、カバー工事、棟板金、雨どい交換他、火災保険修繕対応

屋根工事のイマガワロゴ

お客様お問い合わせ専用ダイヤル

受付時間9:00〜19:00 土日祝も対応

岡山県笠岡市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒天の塗装方法、雨樋塗装が必要な理由

2022.04.27 現場レポート
岡山県笠岡市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒天の塗装方法、雨樋塗装が必要な理由 (3)

岡山県笠岡市のY様邸にて、屋根塗装・外壁塗装を行いました!

 

今回は軒天と雨樋の塗装の様子についてお伝えします。

 

【軒天塗装】

大抵のお住まいには軒天がありますが、どこの事で、どんな役割があるかをご存知でしょうか。

軒天は、建物の下に立って、上を見上げた時に見える天井をいいます。

雨宿りをする時に見上げると見える天井、という方がわかりやすいでしょうか。

軒裏天、軒裏、上げ裏などとも呼ばれています。

 

軒天の役割は、屋根の垂木や野地板などの内部構造を隠してスッキリさせる事、不燃材を使用する事で家事の際に屋根裏の延焼を減少させる事、有孔板や換気口から空気を取り入れて天井裏の結露やカビを防止して換気する事などがあります。

普段はあまり目にする場所ではないかもしれませんが、お住まいにとって大切な部分です。

 

軒天の劣化で塗装が必要なサインは汚れの付着、色褪せ、塗膜の剥がれ、カビ・藻などです。

これらの症状が出たら塗膜が劣化している証拠なので、塗装工事をご検討ください。

「お住まいの無料診断」については、こちらのページです。

 

なお、軒天にシミができている場合は雨漏りの疑いがあります。

屋根やベランダの排水ができていない場合、雨水が内部に侵入して、軒天にシミができる事があります。

雨漏りは建物内部の腐食をどんどん進めてしまうので、一刻も早く対処しなければなりません。

軒天にシミができている場合は放置せず、早めにご相談ください。

 

軒天の塗装方法は、まず素地調整といって、サンドペーパーなどを使って汚れや旧塗膜などの不具合部分を除去します。

素地調整はケレン作業ともいいます。

 

下地処理をしたら塗装ですが、軒天を固定している釘がある場合は釘に錆び止めを塗布します。

続いて全体にシーラーという下塗り材を塗布します。

 

仕上げ塗料を2回に分けて塗装し、軒天塗装は完了です。

岡山県笠岡市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒天の塗装方法、雨樋塗装が必要な理由 (2)

 

【雨樋塗装が必要な理由】

雨樋は屋根の先端や壁に沿って取り付けられている長いパイプをいいます。

屋根に降った雨水を一ヵ所に集め、建物が濡れないよう地面へ流す役割があります。

もし雨樋がなかったら、屋根から流れた雨水が外壁を汚したり、屋根からボタボタと雨水が落ちて大きな音が鳴りますし、地面に強く跳ねた雨水が基礎を傷めてしまうでしょう。

 

雨樋は雨水が流れる場所なので、もともと強固な素材でできています。

塗装をした方が劣化の進行を少し遅らせる事ができますが、それほどの耐候性の向上は見込めません。

それでも外壁塗装をするお客さまのほとんどが雨樋の塗装もご依頼されます。

それは、塗装をして外壁は綺麗になっても、雨樋がボロボロだと悪目立ちしてしまうからです。

雨樋は塗装せず、外壁だけ塗装しても「やっぱり雨樋も綺麗にしたい」と仰る方も多いです。

事業内容「外壁・屋根塗装」については、こちらのページです。

 

塗装の工程は軒天と同じく素地調整をし、留め具に錆び止めを塗布、下塗りを塗布して上塗り材を塗装します。

岡山県笠岡市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒天の塗装方法、雨樋塗装が必要な理由 (1)

 

雨樋はローラーではなく刷毛で塗装する事もあります。

塗装する幅によって道具を変えています。

岡山県笠岡市 Y様邸 屋根塗装・外壁塗装 軒天の塗装方法、雨樋塗装が必要な理由 (3)

 

−N−

 

福山市の屋根リフォーム、雨漏り修理なら【屋根工事のイマガワ】