岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 タスペーサー設置(縁切り) 屋根中塗り・上塗り|広島県福山市の屋根リフォーム店【屋根工事のイマガワ】| 雨漏り修理、屋根張り替え(葺き替え)、カバー工事、棟板金、雨どい交換他、火災保険修繕対応

屋根工事のイマガワロゴ

お客様お問い合わせ専用ダイヤル

受付時間9:00〜19:00 土日祝も対応

岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 タスペーサー設置(縁切り) 屋根中塗り・上塗り

2022.02.11 現場レポート
岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 タスペーサー設置(縁切り) 屋根中塗り・上塗り (1)

岡山県笠岡市のM様邸にて、屋根塗装・外壁塗装のご報告の続きです!

前回の現場レポート→「岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 屋根下塗り 棟板金錆び止め」は、こちらのページです。

 

今回は、タスペーサーの設置(縁切り)と、屋根中塗り・上塗りの様子についてお伝えします。

 

【タスペーサー・縁切りとは】

化粧スレート屋根の塗装では、縁切りという工程が欠かせません。

『縁切り』というと、あまり良いイメージではないかもしれませんね。

一般的に聞く縁切りは、悪い人間関係の縁を断ち切るというものだと思います。

 

塗装工事の縁切りは、『隙間を作る』工程です。

化粧スレート屋根の場合、屋根材と屋根材の間に隙間があります。

隙間がある事によって、雨水がスムーズに流れ落ちるようになっているのです。

 

しかし、塗装をすると塗料によって、その隙間は埋まってしまいます。

すると、雨水が屋根材の裏側に溜まるようになります。

雨水は屋根材を徐々に傷めてしまう原因となります。

そして、最終的には雨漏りを引き起こしてしまうのです。

 

その為、化粧スレートの屋根塗装では隙間を作る工程=縁切りが必要なのです。

縁切りは基本的には下塗りの後、中塗りの前に行います。

 

縁切りは、以前は1枚1枚カッターを使って隙間を作っていました。

一般的な大きさのお住まいだと、職人二人がかりで丸一日かかっていました。

現在は、『タスペーサー』という道具を使います。

これを使う事で、職人1人で約半日で縁切りを終える事ができるようになりました。

 

写真で屋根材の裏に差し込んでいるものがタスペーサーです。

岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 タスペーサー設置(縁切り) 屋根中塗り・上塗り (3)

何個も差し込んでいくのですが、わりと早く終わります。

タスペーサーが登場した時は感動したものです( ;∀;)

 

中には知らないのか、わざとなのかわかりませんが、化粧スレート屋根なのに縁切りをしない業者がいます。

化粧スレート屋根なのに縁切りをしないで塗装をすると、2、3年もすれば雨漏りを起こすでしょう。

もし、ご自宅の屋根が化粧スレート屋根で、依頼した業者が見積もりの際に縁切りの話をしなかったら、必ず「縁切りはしないのか」と確認しておきましょう。

「必要ないですよ」「それはなんでしょうか」と言われたら、その業者とは契約しないのが無難です。

なお、屋根材が化粧スレート屋根以外の場合は必要ありません。

「塗装すればOKじゃない!?塗装してはいけない屋根・外壁を解説」は、こちらのページです。

 

【屋根塗装 中塗り・上塗りの様子】

タスペーサーの設置が終わったら、中塗りに入ります。

塗料には遮熱塗料を使用しました。

日射エネルギーを効率的に反射し、屋根材が熱くなるのを抑えてくれます。

室内に届く温度も軽減されるので、過ごしやすい環境づくりの手助けをしてくれる塗料です。

岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 タスペーサー設置(縁切り) 屋根中塗り・上塗り (2)

 

同じ塗料で重ね塗りし、屋根塗装は完了です!

岡山県笠岡市 M様邸 屋根塗装・外壁塗装 タスペーサー設置(縁切り) 屋根中塗り・上塗り (1)

 

次回の現場レポートでは、外壁塗装の様子についてお伝えします!

事業内容「外壁・屋根塗装」については、こちらのページです。

 

−N−

 

福山市の屋根リフォーム、雨漏り修理なら【屋根工事のイマガワ】